文化財民家ご案内

 

  
橿原市指定文化財 順明寺表門 旧常福寺表門 旧常福寺観音堂
 
 

慶安3年(1650 年)に建てられた八つ棟造りとよばれる複雑な形の屋根をもつ建物。日本建築史上貴重な建物の1つであり、納戸の帳台構えは日本最古で「民家の法隆寺」といわれています。
●見学料金大人400 円・中学生以下200 円・団体(10 名~)300 円
●見学時間午前10 時~午後5 時(最終入館午後4 時30 分)
●休館日:月曜日(祝日の場合次の平日)・8/16 ~ 22・12/25 ~ 1/6
●事前予約必要 予約受付10 時~ 16 時 
財団法人 今西家保存会 0744-25-3388
 
 


 

寛文2年(1662)の建築。内部は大型六間取で、牛梁と呼ばれる太い梁や、欅の太い大黒柱、正面の太格子や間仕切りの突止構、正面二階壁面の「木」の意匠等、豪壮な桃山風の町家遺構です。
●見学は観光協会などからの事前申込み必要です。
●お問い合せ 0744-29-7815 教育委員会事務局 今井町並保存整備事務所
  


 

桁行六間半、梁間六間、屋根は切妻造りの四方に庇を付した、所謂錣葺の入母屋造。18世紀中頃の建設と考えられ、六間取の平面形式をもつ上層町屋の好例として貴重な存在です。
●見学は事前予約必要
●お問い合せ 0744-29-7815 教育委員会事務局 今井町並保存整備事務所
 


 

17世紀後半の建設と考えられ、本瓦葺一部二階、切妻造り、仏間を大きくとった喰違い六間取りとなっています。正面上部の屋根の「煙出し」は古い手法で、今西家や豊田家と同様、棟に対し直角に取付けられています。
●見学料金200 円
●見学時間10:00 ~ 17:00
●お問い合せ 0744-29-7815 教育委員会事務局 今井町並保存整備事務所
 


 

19世紀初期頃の建設。東南隅の「しもみせ」はなく、外部のみ半間張り出して構えのみを残しています。正面の格子は木細く吹寄せにしており、二階の窓は大きく開いていますが、出格子で閉鎖的な要素を残しています。
●見学料金300 円
●見学時間:不定期(見学可能時掛札有り)
●お問い合せ 0744-29-7815 教育委員会事務局 今井町並保存整備事務所
  


 

江戸時代中頃の建築。切妻造、本瓦葺、平入りで、街路に面した側面は白壁下板壁となっています。もとは錣葺に近い屋根形でしたが、棟を前に移して高くし、外観をつし二階風にしたことが判ります。
●非公開
  


 

構造手法などより推察して、18世紀中頃の建設と考えられています。床の高さは「みせのま」を一番低くして、その他の部屋を順次高くしており、土間部分には「煙返し」が付いています。今井町にあって珍しい構造で、農家風の町家といえます。
●見学無料 午前9 時~午後5 時(但し12 時~ 1 時は閉館)
●休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始(12/25 ~ 1/5)
  


 

18世紀中頃に建てられたと考えられ、優れた外観となっています。二階建の主屋は今井では古い遺構であり、一階の根太天井を低くして、二階に座敷をととのえています。当家では酒蔵の一室を利用して、かつて使われていた酒造りの道具類などを展示しています。
●見学料金100 円(1 階のみ) 
●1・2 階見学(パンフレット付)300 円【2 階見学は予約が必要】
●見学時間 9:30 ~ 16:30(但し12:00 ~ 13:00 は休み)
●お問い合せ 0744-29-7815 教育委員会事務局 今井町並保存整備事務所
  


 
今井町のほぼ中心に所在する浄土真宗本願寺派の寺院。天文10 年 (1541)開祖今井兵部豊寿が今井庄に本願寺の道場を建て境内地(寺 内町)を武装化し、大和平坦部における真宗の拠点としました。織田信長 に武装解除されてから以後は特別に自由商業都市として栄え ました。豊臣秀吉の天下になって「兵部茶屋屋敷」を建て、吉野花 見の途次の秀吉を招いています。延宝9 年(1681)に今井氏は武士 を返上しましたが、紀州徳川家の家臣として幕末まで仕えました。 現在改修中の堂宇は文禄年間(1592~1596)にかけて建立された ものと云われています。
慶長5 年(1600)にはすでに称念寺を号し、大和の中本山(御坊) となりました。寺宝に親鸞聖人絵伝のほか、本願寺・戦国武将など の関係文書数百点を蔵し、なかでも織田信長・明智光秀の書状は有名 です。

  


 

明治36 年(1903)高市郡教育博物館として建設されました。当時の奈良県の社会教育施設として、旧帝国奈良博物館本館(現奈良国立博物館)に次ぐものでした。現在は今井観光案内の拠点となっており、今井町の歴史を詳しくわかりやすく解説する資料を集め展示しています。展示コーナーや映像シアター、今井町のジオラマ模型、図書閲覧室や町並み保存運動紹介のコーナーがあり、今井町の歴史をさまざまな角度から知ることができます。
●入館無料 9:00 ~ 17:00(最終入館~16:30)
●休館日:月曜日
 


 

明治頃まで絞油業を営んでいました。北と東が街路に面し、南は背割水路、西は隣家と接し、中庭を囲うように建物が配置されており、町並景観上も重要な位置を占めています。 建築年代は文化二年。
●非公開
 


 

山尾家は肥料・木綿を商い、幕末には両替商もあわせ営み、今井町の内の今町年寄を勤めた豪商です。 建物は街路に南接して主屋・隠居部屋・東蔵が並び、西端には座敷、北側には多くの内蔵が配置され、座敷周辺の坪庭も奈良県の文化財に指定されています。
●不定休
●今井まち衆博物館新堂屋 拝館料400 円
●桂小五郎御宿泊の座敷でお抹茶(菓子付)別途500 円
●お問い合せ 0744-23-9478